生田支店 支店長 江原祐子

生田支店支店長

江原祐子Yuuko Ehara

誠実に、謙虚にお客様と向き合うことで
ブランドとしての信頼感を高めたい。

私が入職した頃は、まだ女性が渉外に出ることはなく、結婚を機に退職する女性職員が多かった時代です。私自身も、まさか自分が30年も仕事を続けて支店長になるなんて、想像したこともありませんでした。
長いキャリアを振り返ると、課長に昇格した時に初めて担当としてお客様を訪問したことがターニングポイントになったと思っています。渉外活動を経験したことで、窓口とは違うコミュニケーションの楽しさを知ったのです。会社を経営されているお客様とのちょっとした雑談の中にも新しい知識や発見があり、そうした経験を重ねることで自分自身の成長に手応えを感じてきました。女性のお客様に名刺をお渡ししてご挨拶した時に、「城南信用金庫さんも女性の役席が増えてきましたね。期待しているから頑張ってください」と言われたことは、今でも忘れられません。自分も苦労してきたから、女性が活躍しているのはうれしいというお客様の言葉が励みになって、あの頃の自分を支えてくれたのです。
私が支店長として今ここにいるのは、自分一人で努力した結果ではなく、職場の仲間や上司、お客様との関わりの中で多くを学び、成長できたからです。

生田支店には若手の職員が多いので、マニュアルには記載されていない生きた知識と経験を伝えていくことも、支店長の責務だと考えています。私は融資畑を歩いてきたわけではありませんが、都心から郊外まで異なるタイプの営業店を経験して、預金や為替、庶務など、バランスよく、さまざまな業務を担当してきたことが強みになっています。本部の融資部に異動した時に財務の知識不足を感じたので、数年前から中小企業診断士の資格取得に向けた勉強を始めました。職員にも常に学び続けてほしいので、まず自分が範を示すことが大事だと考えています。
お客様から「あなたが担当でよかった」と言われるのは、職員にとって最高の評価です。でも私は、そこからもう一歩踏み込んで「城南信用金庫だったら、誰にでも安心して頼める」と言ってもらえるようにしたいと考えています。一人ひとりの職員が誠実に、謙虚にお客様と向き合うことで、生田支店のみならず城南信用金庫全体のブランド価値向上に貢献することが目標です。

先輩からのメッセージ

就職活動で支店見学に来る学生と話すと、育休などの制度について質問を受けることが多いのですが、それよりも仕事の本質をきちんと見た方がいいと思います。私たちは渉外でも窓口でも、困っているお客様を支えるために働いています。お客様の役に立ちたいという強い思いさえあれば、必要な知識やスキルは後から学べます。まず、その問いかけを自分にしてみてください。

旅行やミュージカル鑑賞が趣味ですが、最近はミシンを購入し、縫物を楽しんでいます。まだ簡単なものしか縫えませんが、洋服づくりにも挑戦したいと思っています。