城南信用金庫2019年度採用サイト

マイページ

渉外で得た経験を活かし、誰からも頼られる窓口職員をめざして。

  1. TOP
  2. 仕事と人
  3. 九段支店 お客様窓口課(窓口) 佐藤優衣

お客様窓口課(窓口)の仕事

来店されたお客様のご用件をお伺いし、さまざまなご案内やお手続き、入出金業務などを行う起点となるのが営業店の窓口です。それは地域のお客様との大切な接点。
この窓口業務の正確さが、それに続くさまざまな店内事務のスピードと質を決定し、お客様に満足してご利用いただけるかどうかを決めるといっても過言ではありません。

佐藤優衣が働く姿

TIME SCHEDULE

  • 08:30

    出勤当日の予定を確認

  • 08:40

    朝礼朝礼後はお客様をお迎えする準備

  • 09:00

    窓口業務開始

  • 11:30

    昼食

  • 12:30

    窓口業務

  • 15:00

    窓口業務終了税金の持ち出しなどの処理

  • 16:00

    伝票や帳票の整理明日の準備をしながら細かい雑務を片付ける

  • 17:00

    退店

CAREER PASS

  • 2016

    入職九段支店に配属為替と預金の後方事務を経験し、窓口へ

佐藤優衣が働く姿

2017年の1月から窓口担当としてお客様のご対応をしています。入職する前からずっと窓口業務に憧れていたので、毎日の仕事にやりがいと楽しさを感じています。最初はかなり緊張しましたが、3カ月ほど経つと笑顔でお客様とお話しできるようになりました。 一見、気難しそうに見えるお客様も、会話をするうちに少しずつ打ち解けてくださいます。また、自分一人では解決できない難しい手続きについては、先輩や上司にアドバイスを受けながら処理しています。実は窓口に出たばかりの頃、その場でしっかりと確認すれば防ぐことができた業務でミスをしたことがありました。私が間違えることで、一番に迷惑がかかるのはお客様だ、と上司に言われたことが胸に響き深く反省しました。それからは、あいまいな知識でお答えせずに、必ず確認するようにしています。先輩から教えてもらったことは忘れないようにすぐにノートにメモして、マニュアルに載っていることなら、その日のうちにしっかり覚えるように心掛けました。

さまざまな経験を重ねながら、私がここまで成長できたのは、先輩や上司だけでなく、新米の窓口担当を温かく見守ってくださったお客様に支えていただいた面もあると思います。「人にやさしい」城南信用金庫は、「お客様がやさしい」金融機関なのかもしれません。先日、地域の夏祭りに行ったら、顔見知りのお客様が大勢いらして「今日は私服だね」と声をかけてくださいました。はっぴを着てお祭りを仕切っているお客様の姿を見て、改めて地域に密着している自分たちの仕事を誇りに感じました。
今は窓口担当も月に2回ほど渉外へ出る機会があり、店頭にいらしたお客様のお宅へ先輩方と訪問して保険を中心にご提案しています。自然にお客様の懐に入っていくコミュニケーション力など、渉外で学んだことは窓口業務にも活かしています。九段支店は子育てをしながら働いている女性も多いので、誰かが急に職場を離れなければならない時に、代わりを努められるように幅広い業務に精通することが目標。「何かあっても佐藤がいれば安心」そんな存在になりたいです。

「人にやさしい」城南信用金庫には、人が働きやすい環境が整っています。風通しの良い職場で、上司や先輩に支えられ、お客様との信頼関係を大切にしながら、一緒に成長していきましょう。

人と仕事-WORK&HUMAN-

  • 蒲田支店 支店長 鈴木隆二
  • 九段支店 お客様窓口課(窓口) 佐藤優衣
  • 品川支店 お客様応援課(渉外) 水野裕太
  • 相武台支店 お客様窓口課長 伊澤美穂
  • 市場運用部 海外事業支援室 吉田孝宏
  • 鷺沼支店 お客様応援課(LA) 保坂朋恵