荏原支店 お客様応援課〈渉外〉 馬場 一星

荏原支店お客様応援課<渉外>

馬場 一星Issei Baba

幅広い知識と確かなスキルを取得して
新たな分野の仕事に挑戦したい。

就職活動の時に城南信用金庫に興味を抱いたのは、友人の父親が経営していた会社取引があったからです。地域の中小企業への貢献度が高い、とても良い金融機関だと聞いたことが志望するきっかけになりました。最終的に入職を決意したのは、面接で職員の方々と話す中で、人を大切にするという経営理念が浸透していることを感じたからです。お客様第一であることはもちろん、職員の働く環境にも配慮しているという印象を受けました。
渉外を担当するようになって、改めて先輩方が築いてきた城南信用金庫と地域のお客様との信頼の深さを実感しています。最近、賃貸用不動産の建設資金を融資したお客様は、ローンの借入れがあったので年に数回ご挨拶していましたが、ご相談を受けたのは担当になって初めてでした。お客様が必要としていたのは、道路の拡張計画で自宅の土地の半分を都に売却した後で、残った土地に賃貸住宅を建てるための資金です。金利などの条件は他の金融機関の方が良かったのに、私の提案を選んでくださいました。先輩方が長い間にわたって紡いできたお客様との信頼関係は、私が案件を進める上でも大きな強みになっています。お客様から「入居者もすぐに決まって助かりました。本当にありがとう」という感謝の言葉をいただいた時に、この仕事をしていてよかったと心から思いました。

ターニングポイントになったのは、入職して3年目に本部の融資担当の方に同行したことです。お客様の話を聞きながら、その場で次々に提案を組立てる知識と高いスキルに刺激を受けて、自分も頑張らなくてはと一念発起しました。当時はまだ手探り状態だった私が、どうすればお客様に提供する価値を最大化できるかを考え、満足していただけるような提案ができるようになったのは、この経験がきっかけでした。
いま、提案力のレベルアップをはかるためにFP資格の取得をめざして勉強しています。これから中堅としてリーダーシップを発揮するためには、金融だけでなく、幅広い分野の知識が必要だからです。お客様からのさまざまなご相談にも、上司や先輩に頼らずに対応できるだけの力を身に付けなければなりません。その上で、地域の商業施設や再開発など、まだ手がけたことのない分野の案件に挑戦したいと考えています。

先輩からのメッセージ

就職活動に際しては、一般的な面接のノウハウなどにとらわれずに、自分らしく自然体で臨むようにした方がいいと思います。自分を飾って評価されたとしても、ギャップやミスマッチを生む可能性が高くなるからです。私は城南信用金庫の面接を受けた時に、素のままの自分でいられたことで、働きやすい職場環境を知ることができました。まず自分に誠実であることが、いい結果に繋がると思います。

幼稚園からサッカーに夢中たったので、いまも7人制サッカーで関東リーグへ出場しています。昨年、子どもが生まれてから、家族で楽しい「おうち時間」が多くなりました。