城南信用金庫2019年度採用サイト

マイページ

「自分」に嘘をつくことなく、お客様にとって最適な答えを探し続けたい。

  1. TOP
  2. 仕事と人
  3. 相武台支店 お客様窓口課長 伊澤美穂

お客様窓口課長の仕事

窓口をはじめ預金・為替などの店内事務全体に目を配って、それらが支障なく進められるように配慮し、またその体制をつくることがお客様窓口課長の役割です。
お客様窓口課はお客様との最前線の接点であり、窓口課長がお客様と直接応対することもあります。礼儀や常識、気配り、丁寧な応対、相手の気持ちを察する力などが欠かせません。その営業店の印象を左右する存在でもあります。

伊澤美穂が働く姿

TIME SCHEDULE

  • 08:30

    出勤出勤の途中で一日の仕事の流れをイメージトレーニング

  • 08:40

    役席会の後に全体朝礼

  • 09:00

    開店窓口の状況を見ながらお約束されているお客様の相談業務など

  • 12:00

    支店に戻って昼食

  • 13:00

    お客様の対応

  • 15:00

    検証事務および勘定業務課の職員からの相談など明日の準備

  • 17:00

    退店

CAREER PASS

  • 2004

    入職相武台支店に配属為替業務、預金業務を経て窓口へ

  • 2008

    相模大塚支店に異動

  • 2012

    淵野辺支店へ異動

  • 2016

    相武台支店へ異動窓口課長を拝命

伊澤美穂が働く姿

私が入職して最初に配属されたのが相武台支店だったので、この地域には強い思い入れがあります。
お客様窓口課の課長として赴任して間もない頃、新人時代によく窓口でお話ししていたお客様が会いに来てくださいました。初めて年金受給口座をセールスして取引いただいたお客様なので、私にとっては忘れられない方です。「あの時、親身に相談に乗ってくれて、明るい笑顔も印象的だったので、ずっと覚えていましたよ」と言ってくださったのが本当に嬉しくて、この仕事をしていてよかった、と心から思いました。
ここ相武台支店は駅前にあるので、当金庫と取引のないお客様も大勢来店されます。すべてのお客様に「このお店に来てよかった」、と満足してお帰りいただくため、お客様窓口課の課員全員がプロフェッショナルとして、最高のパフォーマンスを発揮できるように力を尽くすのが、課長である私の仕事だと考えています。

窓口課の課員には、常にお客様の目線で考えて業務にあたるように伝えています。その際に心掛けているのは、指示するだけではなく自分も一緒になってやってみせることです。新人の頃に、いつも一緒に寄り添って仕事を教えてくれた先輩のおかげで成長を実感できたことから、自分も機会があれば、そうやって後輩を育てようと思っていました。私が窓口でお客様に対応する姿を見せれば、課員にとって効果的な手本になります。また窓口業務だけでなく、店内の美化活動やお客様をお出迎えするための装飾といった業務にも、上司や部下の区別なく課全体で取組んでいます。こうした日々の心掛けによって、職員同士の距離感を縮め気軽に質問や相談ができる雰囲気をつくっています。
お客様窓口課の課長になる前に、ほとんどの営業店業務を経験してきましたが、まだ完璧というわけではありません。知らないことがあるのはプロとして未熟なので、もっと貪欲に知識を深めていきたいです。その根底にあるのは、自分のためではなく、お客様第一という考え。それがあるからこそ、困難にも打ち克つことができたと思います。今後も、すべてのお客様の笑顔のために全員と努力します。

趣味でも勉強でも、いろんなことに興味を持って取り組んでください。引き出しが多いと初めて会った人ともスムーズにコミュニケーションできるし、好きなことに打ち込んでいる人は輝いて見えます。

人と仕事-WORK&HUMAN-

  • 蒲田支店 支店長 鈴木隆二
  • 鷺沼支店 お客様応援課(LA) 保坂朋恵
  • 品川支店 お客様応援課(渉外) 水野裕太
  • 相武台支店 お客様窓口課長 伊澤美穂
  • 九段支店 お客様窓口課(窓口) 佐藤優衣
  • 市場運用部 海外事業支援室 吉田孝宏