城南信用金庫2019年度採用サイト

マイページ

城南信用金庫とは~お客様を応援する取組み~

  1. TOP
  2. 城南信用金庫とは
  3. お客様を応援する取組み

お客様応援企業を目指して

“よい仕事おこし”フェア

城南信用金庫は「“よい仕事おこし”フェア」を毎年開催しています。第6回目となる2017年のフェアは「信用金庫による地方創生!」「日本を明るく元気に!」をテーマに掲げ、過去最多となる日本全国47都道府県の129信用金庫に協賛いただき、復興庁を始め多くの官公庁・自治体の後援と協力のもとに東京国際フォーラムで開催。「ビジネスエリア」「全国!観光・物産エリア」「社会関連エリア」等を設け、幅広いビジネスマッチングをめざしてさまざまな企画を展開しました。当日は433の企業・団体が出展、来場者数は2日間で約41,000名、商談件数は事前申込1,728件、当日商談5,703件にのぼり、企業と企業、人と人を結ぶ新しい出会いの場となりました。

  • “よい仕事おこし”フェアの様子
  • “よい仕事おこし”フェアの様子

城南なんでも相談プラザ

地域のお客様のさまざまなお悩み事を解決し、お客様の夢を実現するため、本店の3階に「城南なんでも相談プラザ」を開設しています。同プラザの特長は、売上増強や販路拡大、創業・起業、技術開発、事業承継・M&A、税務・法律等のさまざまなご相談にワンストップでお応えできることです。企業経営サポート部の役職員と中小企業診断士等の専門家チームの30名を超えるメンバーが、無料でご相談に応じます。プラザは、オープンスペースになっており、誰でも気軽にご相談いただけるようになっています。さらに、より多くのお客様にご利用いただくため、ホームページ上に24時間相談受付可能な専用ページを設置しているほか、専用ダイヤルを利用してのご相談も可能となっています。

  • 城南なんでも相談プラザの様子
  • 城南なんでも相談プラザの様子
  • 城南なんでも相談プラザの様子

お取引先紹介誌「うめナビ」の発刊

営業店のお取引先を紹介し、地域内におけるコミュニティづくりや、新たな仕事おこしにつなげていただくことをめざして、お取引先紹介誌「うめナビ」を発刊しています。この「うめナビ」は毎月発刊され、地域の方々にお読みいただくほか、商社、百貨店、スーパー、メーカー、マスコミ、大学等に広く配布されており、地域の皆様から好評をいただいています。

「うめナビ」

ものづくりコンシェルジュ

地域経済の中核を担う製造業のお客様をあらゆる面から支援していくため、製造業の技術や生産管理等に精通した人材を外部から採用し、「ものづくりコンシェルジュ」として本部内に配置しています。地域の中小企業の本社や工場等を訪問し、より専門的な目線からお客様の課題解決に努めています。

  • ものづくりコンシェルジュの様子
  • ものづくりコンシェルジュの様子

大学との連携

大学等の教育機関と連携し、お客様の課題解決や地域経済の活性化につなげるための取組みをしています。例えば昭和女子大学では、城南信用金庫と同大学が締結した連携協定のもと、「プロジェクト型協働インターンシップ」の授業が行われました。また、明治学院大学経済学部経営学科においても、お客様である企業経営者を講師としてお招きし、連携講座「経営学特講」を開講しました。

大学との連携

ビジネス商談会

商談意欲にあふれるお客様に対して新たな販路拡大の機会をご提供するため、さまざまな「ビジネス商談会」を開催しています。「2017 TOKYO逸品発掘商談会」や「建設関連企業との相談会・商談会」等を開催し、お取引に直結するような新たな“出会い”が数多く生まれています。

  • ビジネス商談会の様子
  • ビジネス商談会の様子

城南友の会

お客様同士の交流、親睦を図るとともに、講演会やセミナー、各種活動を通じて、お客様の事業発展、地域社会の発展・繁栄への貢献、ひいては日本を元気にすることを目的とした「お客様の会」を各営業店に設立し、その取りまとめ役として「城南友の会」を設けています。

城南友の会

未来塾

城南信用金庫とお取引のある若手経営者や後継経営者の方々が、企業のさらなる飛躍、発展のため、共に学び、見識を高めるとともに、メンバー相互の絆を強めていただくことを目的として、「未来塾」を開講しています。研修を行うとともに、懇親会等も開催して、塾生同士および塾生と城南信用金庫の絆を深めています。

未来塾

みんなによくみられるページ

  • 城南働き方大改革

    スペシャルコンテンツ
    「城南働き方大改革」

    MORE
  • 仕事と人

    「仕事と人」のページ

    MORE
  • Top Message

    スペシャルコンテンツ
    「Top Message」

    MORE