SDGsに関する取組みについて

2015年9月の国連サミットにおいて、持続可能な世界を実現するための17のゴールと169のターゲットを定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」が採択されました。
このユニバーサルな国際目標に対し、途上国のみでなく先進国に対しても積極的な取組みが期待されています。
以上を踏まえ当金庫では、3つのビジョンである「中小企業の健全な育成発展・豊かな国民生活の実現・地域社会繁栄への奉仕」を実現すべく、「持続可能な開発目標(SDGs)」を経営方針の一つとして金庫行動に反映させ、これまで以上に社会的課題解決と持続可能な社会の実現に努めて参ります。

SDGsに関する取組みについて 経営理念
貧困をなくそう
  • 「日本労働者協同組合連合会(ワーカーズコープ)」との連携
飢餓をゼロに
  • 賞味期限が近い非常食を貧困地域等に提供
すべての人に健康と福祉を
質の高い教育をみんなに
ジェンダー平等を実現しよう
  • 女性経営者評議会の設置、若手職員評議員の選出による経営への参画
  • 職員のプロジェクトチームの設置によるダイバーシティーの推進
エネルギーをみんなにそしえクリーンに
働きがいも経済成長も
産業と技術革新の基盤をつくろう
人や国の不平等をなくそう
住み続けられるまちづくりを
つくる責任つかう責任
  • 食廃油の回収によるバイオ燃料の精製
  • 使用済みリボンカセットの再生利用
気候変動に具体的な対策を
つくる責任つかう責任
気候変動に具体的な対策を
つくる責任つかう責任
気候変動に具体的な対策を
ページトップに戻る