女性活躍推進法に基づく 城南信用金庫行動計画

女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する

1. 計画期間

2021年4月1日~2023年3月31日

2. 目標と取組内容・実施時期

目標1:管理職に占める女性比率を10%以上とする

<取組内容と実施時期>

  1. 取組1:

    女性職員を対象として管理職育成を目的としたキャリア研修を実施する。

    • 2021年6月~
      研修プログラムの検討を行う。
    • 2021年10月~
      女性職員に対する研修ニーズの把握のため、アンケート、ヒアリング等を実施する。
    • 2022年4月~
      アンケート等の結果を踏まえ、研修プログラムを決定する。
    • 2022年7月~
      管理職育成キャリア研修の実施。
  2. 取組2:

    管理職自身の勤務時間管理を徹底する。

    • 2021年4月~
      管理職自身の勤務時間の実態調査を実施する。
    • 2021年8月~
      事務処理の効率化等、管理職が時間外勤務を削減できるための方策を策定する。
    • 2021年10月~
      管理職の時間外勤務を削減する意識改革を促すための研修等を実施する。
  3. 取組3:

    これまで女性職員が少なかった部署等に女性を積極的に配置する。

    • 2021年4月~
      女性職員を渉外活動へ積極的に配置していく。
    • 2021年5月~
      男女の配置で偏りのある部署の洗い出しを行う。
    • 2021年8月~
      女性があまり配属されてこなかった部署に女性を配属する上での課題点を分析の上、改善を行う。
    • 2022年6月~
      実際に配属を実施し、定期的なフォローアップを実施する。

目標2:管理職を含む職員の月平均残業時間を15時間以内とする

<取組内容と実施時期>

  1. 取組1:

    支店長会や各種研修等を通じての啓蒙活動や文書発信等により全職員に対して周知徹底を図る。

    • 2021年4月~
      月ごとに時間外勤務の多かった部署について、直接該当部署の管理者に状況をヒアリングした上で、改善を促していく
    • 2021年6月~
      年次や上半期の時間外勤務の実績について文書発信し、時間外勤務削減のための意識を高める
    • 2021年9月~
      支店長会や各種研修等で時間外勤務の削減について啓蒙していく
  2. 取組2:

    組織一体となって事務効率化や集中化に取組む。

    • 2021年4月~
      営業店の事務量の50%以上の削減をめざし、本部各部署で改善策に取組む
    • 2021年9月~
      営業店事務のうち本部に集約化することで、効率化が見込まれる事務処理を洗い出し、実行に移していく
ページトップに戻る