城南信用金庫

2022年度採用サイト

MENU

MYPAGE

人にやさしく あるために。 人にやさしく あるために。

城南働き方大改革

~職員にとって、もっと働きやすい職場をめざして~

城南働き方大改革

ダイバーシティ推進プロジェクトチームの取組み

城南信用金庫は東京都が選定している「TOKYO働き方改革宣言企業」に採用されました。女性や高齢者、障がい者等のすべての人が尊重され、互いに仲良く協力することで、みんなが夢と勇気と笑顔に溢れ、やりがいを持って、生き生きと楽しく働ける企業をめざす「城南働き方大改革」を実行します。

城南信用金庫は「ダイバーシティ」を積極的に推進していきます。

現代社会においては、グローバル化はますます進展しており、人種や宗教、性別、年齢などの違いのみならず、考え方や価値観などの多様性を受け入れ、互いに尊重し協力していくことが重要となっています。特に、わが国は少子高齢化社会に突入し、働き手の不足が深刻な問題となりつつあり、従来の固定観念に縛られない柔軟な考え方が必要となっています。
そうした中で、城南信用金庫では2017年3月、多様性を認める新たな企業文化の確立を計画的・積極的に進めていくため「ダイバーシティ推進プロジェクトチーム」を発足しました。続いて、同年9月には東京都が選定する「TOKYO働き方改革宣言企業」に採用されましたが、その宣言内容のように「みんなが夢と勇気と笑顔に溢れる」金庫の実現をめざしてさまざまな改革に取組んでいます。

「ダイバーシティ推進プロジェクトチーム」について

一般職員も参加する委員で構成され、「城南働き方大改革」の実現に向けて定期的にミーティングを行っています。各回テーマとなる取組みに対して、現状を把握し、問題点を分析し、本支店で働く職員全員にとって何が最適な方法なのか議論を重ねています。また、委員以外の職員からも広くアイディアを募集できるよう、ダイバーシティ推進事務局を設けて常時連絡いただける体制を取っています。

「TOKYO働き方改革宣言企業」について

企業の働き方改革の気運を高めていくために東京都で創設している制度で、採用した企業の宣言書を東京都のHPで公開しています。

[城南信用金庫の目標]

働き方の改善 これまでの企業の人事制度、企業風土を抜本的に改革し、従来の働き方や時間の使い方を根本から見直す。
休み方の改善 「仕事と休みのメリハリ」をしっかりつけながら、皆が楽しく、生き生きと働ける金庫をめざす。

城南信用金庫が取組んでいる『城南働き方大改革』の内容

01 長時間労働の是正

城南信用金庫では、「仕事と休みのメリハリ」をしっかりつけることで、職員にとっても金庫にとっても実りある職場環境づくりに取組んでいます。「 年次有給休暇の取得」は、普段することのできないさまざまな経験ができ、記念日や行事などの家族イベントにおける思い出を家族と共有できるなど、生き生きと楽しく働くためには欠くことができない重要な項目です。 また、「時間外労働の削減」については、職員全員が充実した毎日を送るためには、全社的・組織的な改善が必要となります。 皆で共通認識を持ちながら、日常業務にみられるムダの削減を継続し、事務量の軽減に努めております。

02 育児休業制度

昨今、保育所に入所できない待機児童が社会問題化している中で、育児休業期間を最長2歳まで再延長できることとなっています。 城南信用金庫においては、保育所の入所に間に合わない職員に対応するため、法改正に先んじて、2017年8月に「育児休業期間を最長で子供が3歳に達するまで取得できる」よう育児休業制度を変更、最長10日間の男性の育児休業の特例制度も開始しました。

03 女性職員の活躍

城南信用金庫では、「全員渉外」をスローガンに掲げ、男女問わず、所属の垣根を越えて、職員全員がお客様に目を向け、日々業務に取組んでいます。そのため、全職員が総合職であり、女性職員も渉外業務や融資業務に積極的に携わり、お客様の支援に尽力しています。また、近年は女性職員の支店長、副支店長等の管理職や役員への登用も積極的に行っており、女性職員の充実したキャリアアップが図れる環境が整ってきています。

04 障がいをお持ちの方の活躍

城南信用金庫の地域社会に発展、繁栄に貢献する取組みをともに実現していくため、障がいをお持ちの方々の雇用を促進しています。 現在、本支店のあらゆる部署で活躍しており、他の職員と同様、「自分の行った仕事で他の人に喜んでもらえる幸せ」を実感しています。 また、2017年11月には、品川区にある社会福祉法人福栄会と「障がい者雇用・就業支援等に関する協定」を締結しました。 社会福祉法人福栄会にて就労訓練されている障がいをお持ちの方々を嘱託者として採用し、同会の近隣にある品川支店内に新たに設置した就労施設「J&Fワークス」にて、粗品づくりやチラシ折り、花壇の清掃等の業務を行っています。

現場で働く職員の声

互いの人間性を理解することで、チームワークを強固にし、業務の生産性を向上

限られた時間の中で「お客様の笑顔の実現」という目的を果たしていくには、職員間のチームワーク、情報の共有が不可欠ですが、その前提として「互いの人間性を理解する」ということが大切であると考えます。私自身、先輩と後輩、上司と部下といった垣根を越えたコミュニケーションを大事にしています。残業時間の縮小や積極的な有給休暇の取得により、各自が充実した人生経験を積み、業務外での出来事などの話題に触れ、互いの人となりを理解することによって、チームワークも一層強固なものとなり、結果として業務の生産性も向上するものと考えます。
加藤 丈晴(自由ヶ丘支店:副支店長)

資格取得に向けて勉強し、知識がついたことで、お客様との会話に自信がつきました

生命保険や日々のお客様の生活のお役に立てるきっかけとして、FP2級取得をめざしました。渉外業務に携わったばかりの頃はお客様からの相談内容が理解できず、先輩や上司に相談していましたが、いつか自分で解決したいという思いで、FP2級取得を目標に土日や平日の隙間時間を利用して勉強に励みました。資格を取得し、知識がついたことでお客様との会話にも自信がつきました。日常会話の中からお客様のお悩み事を引き出し、何かできることが無いかを考え、解決に導くことができるように、よりレベルアップしていきたいです。日々の小さなお悩みから本業支援まで幅広くお客様のお役にたてるように今後も勉強を怠らず努力していきます。
木原 智代(大森支店)

FP2級を取得したことで、お客様のお悩み事をより正確に把握できるようになりました

渉外担当者として多くのお客様にお役に立つ為には、自己啓発は必須であり、その一環としてFPの資格を取得しようと思いました。仕事と勉強を両立させるうえで、帰宅後の勉強は夜9時までと時間を区切る、通勤時間を勉強時間として活用する等、より短時間で集中して勉強することを心掛けました。資格を取得したことにより、お客様のお悩み事を正確に把握でき、解決まで導ける機会が増えました。これからもより多くのお客様のお役に立てるように、自己啓発に励んでいきたいと思います。
前田 和洋(九段支店)

育児休業を取得したことで、育児の大切さを知り、家族の絆も深まりました

長女もまだ2歳と小さい中での次女の子育ては想像していた以上に大変であり、妻も寝不足に悩まされる日々ですが、育児休業の取得により少しだけ負担を共有することができました。また、産後はどうしても夫婦共に次女にかかりきりになってしまい、長女と遊ぶ時間を設けるのが難しくなっていましたが、今回家族で一緒にゆっくり過ごすことができ、絆もより深まりました。子育ては始まったばかりですが、休業中に育児の大変さを実感することができたため、仕事中も妻への感謝の気持ちを忘れず、家族のためにも頑張ろうと強く感じています。
對木 聖(祖師谷支店)

営業店職員や家族の支えがあり、仕事と育児の両立ができています

私は現在窓口課の後方事務を行っています。妊娠中は幸い悪阻や体調不良もなく、ギリギリまで働く事ができ育児休業に入りました。復職後の勤務については、時短勤務制度があり、多くの方が利用されていたので、その点は安心でした。しかしながら、子供が体調を崩すこともあり、子育てと仕事を両立することの大変さを痛感しました。営業店内での協力や気遣い、家族の支えもあり何とか乗り切ることができました。今後も勤務時間内は仕事に邁進し、業後は全力で育児に取組み、子供の成長とお客様のサポートの両方をしていきたいと思います。
染谷 美南(雪ヶ谷支店)

私は2度目の育児休業を取得しています

妊娠中は当時の営業店の方々、育児休業中は人事部の方々に大変お世話になりました。育児休業中は、子どもとの時間を大切にしながら、空いた時間を使って上級実務試験の勉強をしました。もう少しで娘2人は保育園へ、私は職場に復帰します。仕事と育児の両立は初めてのことで不安もありますが、新型コロナウイルス関係のニュースを観ていると、育児休業を取得し、働ける場所があるというのはとてもありがたいことだと改めて感じました。感謝の気持ちを忘れずに頑張っていきたいと思います。
石井 佐織(人事部付)

みんなによくみられるページ

スペシャルコンテンツ
「城南働き方大改革」

「仕事と人」のページ
 

スペシャルコンテンツ
「Top Message」