人財育成・
福利厚生

人財育成制度

お客様と仲間を幸せにしたい」「日本を元気にしたい」という熱い想いを持った一人ひとりの職員が、
自らの能力を最大限に発揮できるよう、
きめ細かな教育研修プログラムを用意しています。代表的な研修制度、研修体系についてご紹介します。

城南信用金庫人財育成プログラム

入庫前・入庫後新人研修

新入職員には、入庫前に研修を実施します。経営幹部や先輩職員も参加し、ディスカッション等を通じて職員のベースとなるものを体験的に学び取ります。社会人としての基本、心構えとともに、城南信用金庫の歴史・現状・めざす方向等も重要な研修テーマです。研修全体を通じて、社会人の基本を身につけることをめざしています。

配属後は先輩職員によるマンツーマン研修

配属後の職場研修(OJT)では、新入職員一人ひとりにマンツーマンで教育担当がついて、実務を指導します。業務知識や仕事の進め方はもちろん、幅広く社会人生活について、実体験に基づく親身な指導を受けることができます。仕事上の悩みや不安などの相談にも乗ってもらえます。

公的資格等取得奨励金制度

業務遂行上有益な公的資格等の取得を奨励することを目的として、取得のための自主的セミナー等を開催しています。また、以下の資格を取得した職員に対して奨励金を支給しています。公認会計士/税理士/中小企業診断士/社会保険労務士/司法書士/宅地建物取引士/行政書士/ファイナンシャル・プランニング1級/金融窓口サービス1級/情報処理技術者(プロジェクトマネージャ試験相当以上)

ジュニアボード

ジュニアボードとは、城南信用金庫の経営に若手・中堅職員の斬新な意見を取り入れて組織の活性化を図るとともに、経営者意識を持つリーダーを育成するための制度です。単に人財育成を目的としたものではなく、他業種の企業への訪問やビジネスフェアを視察し、その上で、提言や企画の立案を行い、実際に経営に参画していくことを目的としています。

学習システム「J'S CAREERSHIP」

城南信用金庫では、従来各種会合・研修・セミナー等を実施する際は、本店等に集合して実施していましたが、各営業店・部署からの移動時間により業務に支障が出る、家庭の事情等により参加したくても参加できない等、学習環境に差が生じていました。 そこで、2020年11月より、スマートフォンやパソコン等の通信端末を利用し、場所や時間にとらわれることなく、全職員が「いつでも、どこでも、何度でも」学習でき、自己啓発に取組むことができる学習システム「J'S CAREERSHIP」の導入を開始しました。 会合・研修・セミナー等における資料・教材等の共有や配信動画の視聴が可能となり、きめ細やかな人財育成体制の構築を図っています。

中小企業診断士資格取得奨励制度

職員が中小企業診断士の資格を取得するために通う専門学校の受講料を補助する制度です。中小企業診断士は、企業の成長戦略策定やその実行のためのアドバイスが主な業務ですが、中小企業と行政・金融機関等をつなぐパイプ役、また、専門的知識を活用しての中小企業施策の適切な活用支援が求められています。多くの職員がこの奨励制度を活用し、資格取得をめざしています。

短期トレーニー制度

多くの職員がより一層お客様のお役に立てる活動をしていくことを目標として、なんでも相談プラザ(企業経営サポート部)/融資部/事務集中部の各部署に短期間トレーニーとして実務を学び、専門知識の修得向上を図っています。

アドバイザー認定制度

職員の得意分野を伸ばすための教育・認定制度として、事業性融資/保険・税金・相続/創業支援/事業承継・M&A/地域創生・連携の各種分野に特化して学習し、学習過程を修了・合格した職員にアドバイザー称号を授与しています。

外部研修派遣

城南信用金庫の中で働いているだけでは得られない広範な知識・経験・人脈を身につけ、新しい観点を持って金庫業務や経営に活かしていくため、各種外部機関への研修派遣を推進しています。信金中央金庫や東京都信用金庫協会等の信用金庫業界に関連する機関から、独立行政法人日本貿易振興機構(ジェトロ)や公益財団法人大田区産業振興協会等、業界の垣根を越えた機関への研修派遣も行っています。