Business
Document

神田支店の一日

融資の枠を超えた
お客様支援の基盤は
強固なチームワーク。

城南信用金庫の営業店は「全員渉外」
を掲げてお客様との関係を深め、
職員の成長と地域の活性化を
実現しています。
神田支店の若手職員2名の一日に密着して、
その様子をご紹介しましょう。

担当業務の知識を活かして
連携することによりお客様との信頼を深める。AM
8:35

JR線神田駅から徒歩約1分という好立地に恵まれている神田支店。この一帯は江戸時代から日本橋と並ぶ商業の盛んな街として賑わってきました。現在はビルが立ち並び、「江戸っ子」たちが愛した下町の風情は薄れましたが、さまざまな規模や業種の会社がオフィスを構えるビジネス街であり、多くの飲食店が軒を連ねる繁華街としても知られています。
ある日の朝の神田支店。いつものように職員が開店や外訪の準備を進めています。デスクで書類をチェックしていたお客様応援課の金井駿は、隣を通りかかったLA(ライフアドバイザー)の湯淺彩香に声をかけました。「湯淺さん、おはよう。今日お客様にお持ちする預金関係の書類で確認したいことがあるから、朝礼の後に見てもらえるかな」と言う金井。すでに開店に必要な準備を済ませていた湯淺は、笑って快諾します。全体朝礼に続いて各課の朝会が終わった後で、湯淺の席に金井が書類を持って来ました。
「私はお客様窓口課の経験がないので、預金事務については毎日のように湯淺さんに聞いて確認しています。万一不備があったら、お客様にご迷惑をかけてしまいますから」と話す金井。書類を確認した湯淺は「LAになりたての頃に、初めてお客様に保険をご提案したときに書類の作成を金井さんに助けてもらいました。お客様も喜んで、成約できたので感謝しています。新型コロナウイルスの影響でお客様を訪問できないため、お客様窓口課の知識を活かして渉外活動をサポートしています」と微笑みました。

営業店一丸のサポートでお客様の利便性を高め
最適なご提案を実現する。AM
9:00

開店してすぐに渉外活動に出ていく金井を見送った湯淺は、預金後方事務を担当する後輩職員を指導しながら窓口でお客様を待ちます。「来店されたお客様の年齢や家族構成に応じてお声がけして、カウンターで商品やサービスをご案内します。お忙しそうでなければ雑談をして、何かお困り事がないか聞き出すことが提案の第一歩です。最近は高齢のお客様から相続対策のご相談が増えてきました」と話す湯淺。金井が担当しているお客様が預金の手続きにいらしたのでごあいさつすると「この前聞いた代理人サービスについて詳しく知りたい」とおっしゃいます。湯淺がご説明すると、お客様は「契約の前に家族に確認するから後で連絡してほしい」と金井宛の伝言を残してお帰りになりました。
「神田支店の強みはチームワークの良さです。営業店が一丸となってお客様をサポートすることで利便性を高めるとともに、付加価値の高い提案やサービスを実現しています」と語る湯淺の顔は、自信と誇らしさにあふれています。

神田支店支店長 原田 誠 Makoto Harada

神田支店支店長

原田 誠Makoto Harada

1997年度入職

すべての職員がお客様のために何ができるかを考えて行動できることが大切。自分自身も、支店長として職員と個別に対話する機会を設けて悩みや要望について聞き、望んでいることを可能な限り実現するために努力している。

城南信用金庫ならではのさまざまな取組みで
お客様の本業を支援する。AM
10:30

その頃、金井は神田駅の近くで居酒屋を経営するお客様の店舗で写真を撮影していました。城南信用金庫のテイクアウト支援サイトに掲載するためです。「新型コロナウイルスの影響で預金だけの取引だった飲食業のお客様から融資についてのご相談を受けることが増えました。できるだけ早く融資を実行するだけでなく、テイクアウトやデリバリーの情報提供、ポスターやチラシによるPR、QRコード決済の還元キャンペーンなどにより飲食業のお客様を支援しています」地域に密着した城南信用金庫ならではの本業を支援する取組みは、お客様からも感謝されていると話します。
撮影を終えた金井が向かうのは、新規のお客様です。「お取引先やお世話になっている税理士の方から新規のお客様をご紹介いただくことが多く、本当にありがたいと思います」と言う金井。地域に根差した金融機関の信頼が新規開拓につながっているのを実感しています。

必要な時に使えるようにあらゆるサービスを
ご案内するのが責務。AM
1:30

神田支店では、飲食店支援の一環として、お客様のお店から昼食のお弁当を購入しています。昼食を済ませた湯淺が窓口でお話ししているのは、年金振込口座の手続きに来店した高齢のお客様です。「高齢のお客様に向けた『いつでも安心サポート』はもちろん、キャッシュカードをお持ちのお客様には手のひら静脈認証情報の登録や『印鑑レスサービス』もご案内しています。高齢者のお客様の中には、新しい仕組みに苦手意識を持つ方もいらっしゃいますので、わかりやすく説明するように心がけています。一度使っていただければ、きっと便利さを理解してくださいます」と言う湯淺。「今すぐには使わないサービスでも、いつか使う状況になるかもしれません。あの時に登録しておいてよかったと思っていただけるように、積極的にお声がけしています。ご案内せずにお客様が不自由な思いをしたら、私が後悔することになりますから」と湯淺は真剣な面持ちで話します。

職員一人ひとりが輝ける環境づくりで
お客様本位を実現する。AM
4:00

渉外から戻った金井は、閉店後の締め作業を終えたばかりの湯淺に声をかけました。新規のお客様に書いていただいた書類について確認したいことがあったからです。湯淺も、窓口にいらした金井が担当するお客様に「代理人サービス」のご説明をして伝言を預かったことを話します。二人がとてもスムーズに情報を共有できている背景には、神田支店ならではの取組みがあると話すのは、原田 誠支店長です。
「神田支店では職員を3つのチームに分けて、ポイント制で競っています。ポイントは融資だけでなく、公共料金取扱いや印鑑レスサービスの登録など、さまざまな業務に割り振られていて、その結果を毎月末に表彰しています。融資だけでなく、窓口を担当する職員の成果も評価することにより、誰もが輝いて達成感を味わえるような仕組みづくりに配慮しました」と話す原田支店長の目的は、お客様に商品やサービスの複合化をはかることです。
「私が支店長として常に意識しているのは、笑顔とチームワークとチャレンジ精神です。金井は人当たりが良く、しっかり自分の言葉で交渉できるスキルの持ち主。湯淺はとてもガッツがあって、前向きに業務に取組む姿勢が抜きんでています。それぞれの強みを伸ばして、さらに成長してほしいと期待しています」と目を細めて話す原田支店長。職員一人ひとりが日々楽しく働ける環境こそが、お客様本位を実現するための基盤なのです。

お客様応援課 金井駿 Shun Kanai

お客様応援課

金井 駿Shun Kanai

2018年度入職

融資にとどまらずビジネスマッチングなど本業支援のニーズに応えるため、経験豊富な先輩から積極的に学び、日々スキルの向上に努めている。お客様に困ったことがあったら、何でも相談してもらえる担当をめざす。

お客様窓口課 湯淺彩香 Ayaka Yuasa

お客様窓口課

湯淺 彩香Ayaka Yuasa

2019年度入職

お客様のニーズを聞き出して、最適な商品やサービスを提案する力を身に付けることが目標。保険だけでなく家族信託など相続に関わるサービスについても勉強中。コロナが落ち着いて渉外に出る時のために準備を怠らない。

LA(ライフアドバイザー):相続や保険等に関するお悩み事に対して、城南信用金庫の「生命保険」や「いつでも安心サポート」等の商品・サービスを案内する渉外職員