「“よい仕事おこし”フェア実行委員会が三越伊勢丹と包括連携を締結!

こんにちは!信ちゃんです。

「“よい仕事おこし”フェア実行委員会」(事務局:城南信用金庫、よい仕事おこしネットワーク)は、4月7日(火)に大手百貨店「三越伊勢丹」グループと包括連携協定を締結しました。

全国に店舗を展開し、各地域の社会インフラとして、地域に根ざした産業・企業の発展支援にも積極的な「三越伊勢丹」グループとの連携強化で、今般の新型コロナウイルス感染拡大により、売上減少が懸念される全国の中小・零細企業の支援をめざします!

また、海外での工場操業停止や物流混乱によって日本国内の消費者に商品が届かない事態を回避し、国内サプライチェーンの強化を図るため、今年7月のレジ袋有料化を見込んだ紙製の手提げ袋や間伐材などから木工製品(食器、フォトフレームなど)を作成できる生産拠点を日本国内に移す取組みを、「三越伊勢丹」グループ、「よい仕事おこしネットワーク」が協力して進めていく方針です。

<株式会社三越伊勢丹の法人事業部滝沢勝則部長(左)>

全国規模の強力なバイヤー企業とともに、コロナの逆境を跳ね返して頑張りましょう!