「古関メロディーで日本を繋ごうプロジェクト」スタート!!

こんにちは!信ちゃんです。

「よい仕事おこしネットワーク」では、2月21日(金)に記者会見を行い、「古関メロディーで日本を繋ごうプロジェクト」を発表しました。

「オリンピックマーチ」や全国高校野球選手権大会歌「栄冠は君に輝く」、阪神タイガースの“六甲おろし”など、数々の名曲を作曲して今も日本全国の皆様から愛されている古関裕而さんの音楽に着目したプロジェクトです。

古関裕而さんの故郷である福島市や地元の福島信用金庫福島民報をはじめ、これまで連携協定を結んできた自治体や企業とも協力し、古関さんに関連する各種プロジェクトを推進していきます。

古関さんが作曲した各地の校歌や応援歌を収集して地元の学校生徒などに歌ってもらい、今年10月26日(月)・27日(火)に開催する「2020“よい仕事おこし”フェア」で、歌唱風景や校舎の様子などを撮影した映像を披露する予定です。

<(前列左から)福島信用金庫樋口郁雄理事長、古関裕而さんのご長男正裕さん、木幡浩福島市長>