福島県飯舘村の菅野村長特別講演会を開催

こんにちは!信ちゃんです。

2月3日(月)、福島県飯舘村菅野典雄村長をお招きし、役職員向けに「『成長社会』から『成熟社会』へ」と題した特別講演会を行いました。

城南信用金庫は、「よい仕事おこしネットワーク」を通じて連携協定を結び、昔のように“自然豊かな美しい村”復興のシンボルとして「子どもたちが誇れるような地場産業を育てたい」「風評被害を払拭したい」と花卉栽培に取組む飯舘村を応援しています。

<ロビーに飯舘村の花を飾っている綱島支店>
<2019「“よい仕事おこし”フェア」飯舘村のブース>

そうした取組みの一環として、営業部本店をはじめ、各支店の店頭に飯舘村の花苗を置いたり、「“よい仕事おこし”フェア」に出展して村で育てた花を配布いただいたりしています。

当日の講演では、東日本大震災による全村避難という苦難をプラスにとらえながら、被災後全国に認知されるようになった、手間ひまや心を大切に暮らす『までいライフ』のコミュニティづくりや3月11日を「あたりまえをありがたいと思う日」として制定し、何気ない毎日こそが宝物と思えるような発想の転換、そして「経済効率やスピードばかり重視した『成長社会』から、『成熟社会』の中で私たちがどう発展していけるかを考えなくてはいけない」というお話をいただきました。

<壇上を飾った花も、飯舘村から当日届いた生花です!>

心温まるエピソードや笑いも交えた貴重なお話をありがとうございました!