「2018“よい仕事おこし”フェア」は、日本全国47都道府県の“お米”をむすびます!

こんにちは!信ちゃんです。

今年は、9月19日(水)・20日(木)に開催予定の「2018“よい仕事おこし”フェア」!

昨年、4県のお米で醸造した『興こし酒プロジェクト』絆結(きゆ)に引続き、今年注目の『地域連携プロジェクト発表セレモニー』が、4月10日(火)都道府県会館で行われました☆

なんと、2018年は3つのプロジェクトを実施!!

■「絆のおむすび」プロジェクト■
全国47都道府県産のお米をブレンドして、炊いたごはんを「おむすび」に!

■「心の寄せ鍋」プロジェクト■
東日本大震災の被災地から取り寄せた食材でつくる鍋料理!
レシピは、NHK「今日の料理」でもおなじみ!日本料理「つきぢ田村」三代目田村隆様監修です。

■「興こし酒プロジェクト」第2章■
全国47都道府県産のお米をブレンドして、新たな日本酒を醸造!

来賓挨拶を述べられる吉野大臣

プロジェクトについて説明する当金庫の渡辺理事長

吉野正芳復興大臣も見守るなか、日本酒醸造を担当する「曙酒造合資会社」(福島県会津坂下町)の鈴木杜氏へ、47都道府県の代表が会津坂下町の行事に因んだ「福豆俵」を手渡して今年の酒造りを託しました。

 

全国の「福豆俵」で完成した、日本地図パネル

3プロジェクトの成功を祈願し、「絆結」で乾杯!

“絆を結び、心を寄せ合い、未来を興こす”…当プロジェクトでつくったおむすびや寄せ鍋、日本酒は、フェアの会場で提供されます。
お食事、お土産に…
皆様!!
どうぞお楽しみに、今年の9月も東京国際フォーラムへご来場ください。

昭和女子大学と連携して「五反田さんぽ」発行! さんぽシリーズで城南地域をおいしく食べ歩き♪

こんにちは!信ちゃんです。
今年は早々に葉桜の陽気ですが、新年度始まりましたね。
また、このブログもどうぞヨロシクお願いします♪

 

 

 

 

 

 

昨年9月のブログでもご紹介した、昭和女子大学の学生さんと営業部本店の若手職員が協力して五反田の飲食店を取材した「五反田さんぽ」が3月下旬に発行されました!

 

イタリアン・中華・和食・焼肉等など、五反田周辺のおいしそうなお店が14店!!

 

さっそく、「五反田さんぽ」片手に、ランチへ行ってみました!
どきどき。
「ステーキ てっぺい」五反田店さん!!

 

ランチ限定5食の人気メニュー「煮込みハンバーグ」と迷いながらも、サーロイン使用という「ランチステーキ」を。
サラダのドレッシングもガーリック/ゴマから選べましたが、まだ午後の仕事あるのに…大丈夫か…と悩んだ末、てっぺいイチオシのガーリックドレッシングにしてしまいました。
とろ~りにんにく味イケる~千切りキャベツと合う!
「お好みでガーリックバターをつけてお召し上がりください」と運ばれてきたステーキは、食べきりやすいボリュームでとっても柔らかい!
隣席が女性同士の二人連れだったのも納得です。
程よく胡椒が効いて良質なお肉の旨味をしっかり味わえました。
男性向けに、ライスのお代わりもできるみたい。

夜のコースメニューもお得そう…今度は仕事終わりに行くぞ!


「営業店職員が地域の名店をご紹介」ページから、五反田だけでなく、銀座自由が丘神田淵野辺町田と、各地域のおいしい飲食店をご紹介する小冊子「さんぽシリーズ」がご覧いただけます。
ぜひみなさんも、お近くのお店を探して、おいしいさんぽお楽しみください☆