天ぷら油で復興支援

概要

天ぷら油で復興支援!

城南信用金庫では2015年より使用済み天ぷら油の回収による募金活動を行っております。
下記の営業店に回収ボックスを設置し、お取引先やご来店のお客様から使用済み天ぷら油を回収し、それをバイオディーゼル燃料の原料として販売します。その代金を東北復興支援に取組むNPOしらうめ様に全額寄付させていただくものです。
回収された油はワーカーズコープ「あぐりーんTOKYO」様によりバイオディーゼル燃料として再生され、バスやトラックの燃料として使用されるため、ごみ減量・CO2削減・大気汚染防止・石油使用量削減などにも繋がっています。
東北復興支援、環境負荷軽減、皆様の廃油処理費用ご負担軽減などを目的に活動を推進しております。

募金総額

廃食油ご提供と東北支援寄付金のお礼

【募金額および総回収量】
皆さまの善意で毎年募金をさせていただいております。
日頃からのご協力ありがとうございます。

【募金額】
2015年から2019年3月まで:
267,000円

【総回収量】
2015年から2019年3月まで:
50,877リットル

【環境貢献値】
ゴミ削減量:46,806kg
二酸化炭素削減量:119,967kg
石油使用量削減量:45,789リットル

回収BOX設置店舗

東京都品川区:
・営業部本店 ・品川支店 ・大井支店 ・荏原支店 ・西大井支店 ・立会川支店

東京都大田区:
・大森支店 ・入新井支店 ・馬込支店 ・池上支店 ・蒲田支店 ・六郷支店 ・矢口支店 ・羽田支店 ・大岡山支店 ・雪ヶ谷支店 ・蓮沼支店 ・蓮沼支店西蒲田出張所 ・蒲田本町支店 ・大田文化の森支店 ・久が原支店

東京都渋谷区:
・渋谷支店

東京都目黒区:
・碑衾支店 ・目黒支店 ・碑文谷支店

東京都世田谷区:
・駒沢支店 ・砧支店 ・奥沢支店 ・経堂支店 ・三宿支店 ・瀬田支店 ・祖師谷支店 ・深沢支店 ・等々力支店 ・桜上水支店

東京都千代田区:
・神田支店 ・九段支店

東京都中央区:
・銀座支店

東京都港区:
・新橋支店

東京都中野区:
・中野支店

東京都杉並区:
・高円寺支店

東京都町田市:
・原町田支店 ・すずかけ台支店 ・本町田支店

東京都稲城市:
・稲城支店

神奈川県川崎市:
・溝ノ口支店 ・生田支店 ・宮前平支店 ・元住吉支店 ・中原支店 ・鷺沼支店

神奈川県横浜市:
・天王町支店 ・鶴見支店 ・六角橋支店 ・小机支店 ・荏田支店 ・田奈支店 ・上星川支店 ・日吉下田支店 ・横浜支店 ・川和支店 ・たまプラーザ支店 ・今宿支店 ・瀬谷支店 ・仲町台支店

神奈川県大和市:
・大和支店 ・相模大塚支店 ・中央林間支店

神奈川県海老名市:
・海老名支店

神奈川県座間市:
・相武台支店

神奈川県相模原市:
・淵野辺支店

お持ちいただく際の注意事項

使用済み天ぷら油ご持参時のお願い

・密封容器に入れて頂き支店の回収ボックスにお持ちください
・新品賞味期限切れはそのままお持ちください
・ラード、石油類などは対象外です。
・飲食店様等大量に発生する場合は協力会社が店舗まで回収にお伺い致しますので下記までご連絡ください

ワーカーズコープ あぐりーんTOKYO
TEL:03-6423-2411
URL:http://agreen-tokyo.com/

BDFとは

バイオディーゼル燃料とは、使用済み天ぷら油(植物系廃食用油)を化学反応(エステル交換反応)させることで精製できる軽油代替燃料です。
使用済み天ぷら油の約9割がバイオディーゼル燃料として再利用することができます。バイオディーゼル燃料は、ディーゼルエンジンを搭載したトラックなどの車両や重機・船舶・発電機、またボイラーなどでご利用いただけます。バイオディーゼル燃料は、大豆や菜種などの植物から搾油された天ぷら油を原料としているため、燃焼時には二酸化炭素(CO2)が排出されますが、天ぷら油の原料となる植物が成長時に二酸化炭素を吸収(光合成)するため、二酸化炭素の排出はゼロカウントとなり、地球上に二酸化炭素を増加させないカーボンニュートラルな燃料です。
また、バイオディーゼル燃料の排気ガスは、軽油使用時と比較して、小児ぜん息・アトピー・酸性雨の原因とされる硫黄酸化物(SOx)をほぼ含まず、黒煙も1/3以下に減少することから、大気汚染の防止に繋がります。
更に枯渇が懸念されている化石燃料の保護・可燃ゴミの減少にも繋がります。

回収協力先

「あぐりーんTOKYO」様は、東京都や神奈川県の飲食店・ホテル・食品加工会社様など、同取組みへご賛同いただいた500件を超える事業所様から使用済み天ぷら油を回収し、買取代金の全額を寄付されています。

ページトップに戻る