城南信用金庫2018年度採用サイト

マイページ

女性の活躍

  1. 新卒採用トップ
  2. 女性の活躍

今も未来も輝きたい女性に、ぴったりのステージです。

女性の活躍、それは現在日本が国を挙げて取組んでいるテーマ。
こうした流れの半歩先を進み
さまざまな制度を導入してきているのが城南信用金庫。
ここには社会人として、そして母親として充実した毎日を送る女性役職員が大勢います。
彼女たちは何を思い仕事に向き合っているのか、
もっと働きやすい職場にするために、何を必要と感じているのか。
人事部長から新人職員まで、7名の女性が熱く語り合いました。

CROSSTALKMemberProfile

  • 執行役員 人事部長
    常務理事 人事部長

    宮島いみ子

  • 桜上水支店 支店長
    桜上水支店 支店長

    末松和美

  • 執行役員 人事部長
    すずかけ台支店 お客様窓口課課長
    (現所属:天王町支店 お客様窓口課課長)

    出井吏華

  • すずかけ台支店 お客様窓口課課長
    自由ヶ丘支店 お客様応援課(渉外)
    (現所属:人事部付 育児休業取得中)

    伊藤彩

  • 自由ヶ丘支店 お客様応援課(渉外)
    神田支店 お客様窓口課(店内事務)

    山中麻紀

  • 神田支店 お客様窓口課(店内事務)
    営業部本店 お客様窓口課
    (店内事務)
    (現所属:人事部付 育児休業取得中)

    冨澤文恵

  • 荏田支店 お客様窓口課(店内事務)
    荏田支店 お客様窓口課(店内事務)

    大西彩加

職場環境

職場にも浸透している
「人を大切にする経営」「思いやりを大切にする経営」

  • 大西  私は2015年に入職し、現在は仕事の厳しさと先輩の優しさの両方を実感しています。仕事で小さなミスをして落ち込んでしまったときも、ただ注意されるのではなく、「次回ミスをしないために何をすべきか」を教えてもらえるので、前向きに仕事に取組めています。
  • 出井  大西さんが勤める荏田支店だけでなく、「仲の良さ」は城南信用金庫の強みの一つです。絆を深めるという意味では「独身寮」の存在も大きいでしょう。私自身、入職後しばらくは独身寮にお世話になりました。故郷を離れて不慣れな新生活のなか、何でも相談できる仲間がそばにいるのは、とても大きな安心になりました。
  • 山中  私が勤める神田支店では、私を含めて半数の女性が子育てを両立しながら働いています。そんな環境だからでしょうか、職員皆に「何かあってもお互い様、皆で助け合おう」という気持ちが行き届いています。
  • 冨澤  私は2016年より育児休業を取得する予定です。実は妊娠がわかったとき、このまま仕事を続けるかどうか迷ったのですが、職場の雰囲気がとても優しいこともあり、まだまだ働きたいと思っていました。改めてその選択は正しかったと確信しました。

仕事の
やりがい、
厳しさ

仕事を通じて
人間同士のお付き合いが生まれる渉外活動

  • 伊藤  渉外担当者として働くようになり8カ月が経過しました。現在、既存のお客様の集金業務をメインに、チラシを配ったり、新規のお客様を訪問したりと仕事の幅を広げています。日中にお伺いすることもあり、お客様の多くは女性。私の子育てのことを心配してくださったり、逆にご家庭のお悩みごとを打ち明けられたりと、「Face to Face」のお付き合いができることに、やりがいを感じています。
  • 末松  私も自転車で営業地域を回っていると、「支店長、頑張ってるね!」とお客様から声をかけていただくこともあります。それだけでとても気持ちが軽やかになるんですよ。
  • 宮島  現在、城南信用金庫では「世のため人のために役立つ」という想いをさらに強化すべく「全員渉外」をキーワードに、それまで店内でしか働いたことのない職員も、男女問わず積極的に外に出ようという取組みを活発化させています。人事を預かる身として、女性職員の本音に少しでも耳を傾けながら、職員皆が渉外活動をできるようにするために何をすべきか、議論していきたいです。
  • 出井  職員が安心して店舗の外に出られるためには、店内業務の質の向上も不可欠でしょう。正確で迅速な対応ができ、お客様に気持ちよく帰っていただくために、より高いサービスをめざすことは、お客様窓口課としての私のミッションの一つです。

育児、
そして復職

復職者を支える充実した制度と、
職場の温かい雰囲気

  • 冨澤  2016年より1年間の予定で育児に専念する予定ですが、伊藤さんや山中さんは、復職することに不安はなかったですか?
  • 山中  もちろんありました。いくら制度が充実しているからといって、本当に復帰して仕事ができるかは、職場の方々の気遣いにかかっていますから。でも、皆本当にやさしい。安心して育児休業に入ってください。私自身3人の子どもの母親ですが、職場勤めをしながらも、子どもにたっぷりと愛情を注ぐこともできています。
  • 伊藤  復職時の心配ごとはいくつかありますが、その一つが「子どもに何かあったとき、休めるか」です。城南信用金庫は、ジョブローテーションが確立していますので、もし冨澤さんが急にお休みした場合でも、お客様窓口課はもちろん、それ以外の課の人もサポートできます。何かあったら他の人がカバーするという姿勢は、城南信用金庫の大きな強みではないでしょうか。
  • 末松  桜上水支店には、この数年たまたま復職した女性職員がいない環境でした。こういう状態でいくら私が「復職者をサポートしてくださいね」と指示しても、職員が心の底から復職者に寄り添い、理解するのは難しい。そこで復職者の歓迎会に、そのお子さんも招いたんです。宴席をはしゃぎまわる子どもを見て、育児の喜びと苦労を少しでも分かち合ってほしいと。それが功を奏してか、今は復職者も仕事場でいきいき働いています。

これからの

自分自身を高めながら、
仕事も家庭も両立できる女性をサポート

  • 宮島  それでは最後に一言ずつ、これからの抱負を聞かせてください。
  • 大西  入職して9カ月が経ちました。来春からは窓口をやってみないかとも上司に言われているので、まずは窓口担当として経験を積みたいです。
  • 山中  これからも礼儀礼節を大切に、周囲の方々の美点を積極的に吸収していきたいです。
  • 伊藤  仕事と子育ての両立は、誰かに強制されたものではなく、最終的には自分自身が望んだ選択です。その気持ちを忘れることなく努力していきたいですね。
  • 冨澤  私もこれから育児休業に入りますが、復職後は渉外活動をはじめ今まで経験したことのない仕事にトライしていきたいです。
  • 末松  でも、一人で頑張りすぎちゃだめですよ。ときには家族のサポートをもらいながら、リラックスすることも大切。家族や職場、皆の協力に感謝しながら、豊かな人生を歩んでください。
  • 出井  こうして皆さんの本音を聞けたことで、改めて自分の中で目標が生まれました。専門的な知識の習得とともに、お客様からも部下からも信頼されるような人間性を磨いていきたいです。
  • 宮島  私もこの会に出席し、いろいろなことを感じました。今の夢は、城南信用金庫85店舗のうち、半数で女性の支店長が活躍しているということ。その道筋をつけるために、もっともっと頑張っていきます。今日はありがとうございました。