東京都が選定する「TOKYO働き方改革宣言企業」に採用されました

当金庫が、東京都が選定している「TOKYO働き方改革宣言企業」に採用されました。 この「TOKYO働き方改革宣言」は、従業員の長時間労働の削減や年次有給休暇の取得推進等に向けて、その実現に向けた取組内容を宣言するものであり、当金庫におきましても、互いに尊重し、生き生きと働くことができる企業をめざすため、今後以下の通り取組んでまいります。

当金庫の働き方改革宣言

宣言

女性や高齢者、障がい者等のすべての人が尊重され、互いに仲良く協力することで、みんなが夢と勇気と笑顔に溢れ、やりがいを持って、生き生きと楽しく働ける企業をめざす「城南働き方大改革」を実行する。

目標

  • 働き方の改善 これまでの企業の人事制度、企業風土を抜本的に改革し、「笑顔あふれる、やさしく、たくましい金庫」をめざすため、従来の働き方や時間の使い方を根本から見直す。
  • 休み方の改善 年次有給休暇取得率の向上や男性の育児休暇取得率を高める等「仕事と休みのメリハリ」をしっかりとつけながら、皆が楽しく、生き生きと働ける金庫をめざす。

取組内容

  • 働き方の改善
    • 「子育て・介護コンシェルジュデスク」の設置等により「職場と家庭生活の両立」を応援する。
    • 「育児フォーラム」・「職場復帰セミナー」・「イクメンセミナー」・「介護セミナー」等の実施による仕事と育児・介護の両立を支援する。
  • 休み方の改善
    • 年次有給休暇の取得計画を定め、人事部にて取得を推進しながら、年次有給休暇取得率の向上をめざす。
    • 「男性の育児休暇取得率100%」をめざすため、取得状況等を人事部にて定期的に管理・指導していく。

なお、当金庫の「TOKYO働き方改革宣言」は、東京都のホームページ外部リンクマークにも公表されています。

ページトップに戻る