インターネットバンキングにおけるログインパスワード等の厳重な管理をお願いいたします

城南信用金庫のインターネットバンキングをご利用いただきまして、ありがとうございます。

近年、フィッシング詐欺やスパイウェア等により、お客様からインターネットバンキングのIDやパスワード等を不正に取得して、お客様になりすまして不正にログインし、お客様の口座から預金を引き出す被害が全国の金融機関で多発しています。

インターネットバンキングのパスワードについては、以下の点にご注意してください

ログインパスワードは定期的に変更してください。

ログインパスワードはご本人様を確認する重要な情報です。定期的に変更していただくとともに、他人に絶対に知らせないようご注意ください。ログインパスワードの変更は、インターネットバンキングからお手続きができます。

当金庫インターネットバンキングのログインパスワードを他のネットサービス等で使用するパスワードと共有しないでください。

当金庫インターネットバンキングのログインパスワードを他のインターネットサービスとして使用することや、携帯電話等の当金庫以外の取引で使用しないでください。SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)など他のインターネットサイトで入力したIDやログインパスワードが流出して、当金庫のインターネットバンキングに不正ログインされ、悪用される場合もあります。

ログインパスワード・契約者ID(利用者番号)・確認用パスワードをパソコン、スマートフォン、Eメール、様々なクラウドサービス等のサーバー、ネットワーク上のサービス等に保存しないでください。

お客様カード

パソコンがコンピューターウィルス等に感染すると、パソコン内のデータだけでなく、そのパソコンを利用したネットワーク上のサービスも乗っ取られてしまいます。

この結果、パソコン内で保存したパスワードなどの情報が流出し、当金庫のインターネットバンキングに不正アクセスされ、不正送金が行われる恐れがあります。

そのほか、インターネットバンキングのセキュリティ対策についてはこちらをご確認の上、各種セキュリティ対策の実施をお願いいたします。

ページトップに戻る