今年も、昭和女子大学と連携して『プロジェクト型協働インターンシップ』を実施中! ~食べ歩きで街をご紹介する「五反田さんぽ」~

こんにちは!信ちゃんです。

今日は、昭和女子大学の学生さんと営業部本店の若手職員が協力して取組んでいる「五反田さんぽ」についてご紹介したいと思います。

昨年度に引続き、当金庫と昭和女子大学が締結した連携協定のもと、同大学地域連携センター「プロジェクト型協働インターンシップ」の授業を実施中!
学生が色々な企業と一緒に社会体験を行うという主旨の当インターンシップでは、産学金提携および地域経済の活性化をめざして、製造業を通して日本のものづくり技術に触れたり、東日本大震災からの復興に頑張る東北企業のお話を伺ったり、毎年さまざまなテーマを取り上げ、小冊子(⇒ 昨年度作成した冊子『CONNECT』http://www.jsbank.co.jp/about/socialaction/efforts/student/29.html)にまとめています。

今年度は、当金庫の銀座支店などが「各営業店の取組み」として続けてきた地元の飲食店ご紹介をきっかけに、五反田の街を学生さんと金庫職員が食べ歩いて記事に書き、飲食店がもっと賑やかに元気になって、お客様にもおいしい穴場のお店で楽しく過ごしてもらえたら…といったコンセプトで、8月から取材を開始しています。

「五反田さんぽ」第1弾は、東急池上線大崎広小路駅から徒歩2分の「とん清」さん。

創業1980年、街の変化を感じながらも、「カツ」へのこだわりは変わりません。

おすすめは、何といっても「ロースカツ」。ランチの忙しい時間帯でも注文いただいてから揚げるので、衣はサクッと、分厚くジューシーなカツをご提供しています。米油100%でもたれにくく、さらにランチタイムはライス、みそ汁、キャベツともに大盛り無料!これで午後の仕事も乗り切れそう。特に、細かく千切りされ、シャッキリ冷えたみずみずしいキャベツは、カツとの相性抜群です。
こだわりの、ワインビネガー入りソースで召し上がれ!

  

来年初頭の発刊を目標に、今月も取材は続きます。

「各営業店の取組み」ページhttp://www.jsbank.co.jp/about/socialaction/branch/には、営業部本店をはじめ、金庫職員が参加した地域のお祭りやこども金融教室などたくさんの記事を掲載しています。
お近くの支店の活動の様子もぜひ覗いてみてくださいね☆

営業部本店ロビーにアンプティサッカーチームユニフォームなどを展示中!

こんにちは!信ちゃんです。


城南信用金庫は、アンプティサッカーほか6団体が所属する一般社団法人「日本障がい者サッカー連盟」(JIFF)のパートナー企業として、その活動を応援しています。
営業部本店のロビーに、アンプティサッカー日本選抜チームのユニフォームや試合の写真などを展示していますので、みなさんも、ご来店の際にはぜひご覧ください!

          

一般社団法人「日本障がい者サッカー連盟」(JIFF)HPhttp://www.jiff.football/

「九州北部豪雨災害」に対して義援金と見舞品を寄贈しました

こんにちは!信ちゃんです。

このたび、城南信用金庫は、福岡県・大分県を中心とする局地的な豪雨により、土砂崩れや川の決壊など大規模な土砂災害や水害が発生し、死者35名、行方不明者6名(7月21日現在)にのぼる被害者を出すとともに、今も避難生活を余儀なくされている被災者の方々に対し、被災各県の災害対策本部の受付窓口である「東京新聞 社会事業団」を通じて、義援金1,000万円を寄贈いたしました。
また、衛生用品の製造販売を手がけているハッソー株式会社(品川区西五反田、代表取締役:山田菊夫)が、昨年の熊本地震に続き、特製の「紙パンツ」5,000枚を日田信用金庫(大分県)と筑後信用金庫(福岡県)を通じて提供されました。
7月18日(火)に当金庫の渡辺理事長が直接両金庫を訪問して、「紙パンツ」の目録と金庫からの見舞品(フリーズドライ災害備蓄用米1,000個、飲料水)をお届けし、20日(木)中日新聞社東京本社へ義援金の目録をお持ちしました。

 

            

「九州北部豪雨災害」で被災された皆様の一日も早い復旧、復興をお祈りしています。

営業部本店で、写真展「モガミの町火消し達」開催中!

こんにちは!信ちゃんです。

営業部本店で、昨日6月13日(火)から開催されている写真展「モガミの町火消し達」の様子を覗いてきました!

「“よい仕事おこし”フェア」など城南信用金庫の取組みにもたくさん協力してくださっている山形県の新庄信用金庫様からのご紹介で、新庄市で活動されている民俗写真家松田高明様の作品を本店ロビーで展示しています。

 

ユネスコ無形文化遺産に登録された「新庄まつり」や最上地方の気候風土を背景に、消防団員のみなさんの活躍が伝わってくる写真の数々、7月3日(月)まで展示中です!

ご来店の際には、ぜひご覧ください☆

「銀座芋ROCKプロジェクト」参加:サツマイモの苗を植えました

こんにちは!信ちゃんです。

今日は、城南信用金庫が参加している「銀座芋ROCKプロジェクト」についてご紹介します。


「銀座芋ROCKプロジェクト」は、銀座で屋上緑化されたビルを活用した養蜂とハチミツ採取事業で知られるNPO法人「銀座ミツバチプロジェクト」と農業生産法人「銀座みつばち」が2015年からスタートした活動。

銀座のビルで収穫したサツマイモを福岡県豊前市の蔵元に送って、芋焼酎を製造してもらうユニークな取組みです。サツマイモを栽培する土に北海道標津町で廃棄された牛乳やホタテ漁であがるヒトデといった産業廃棄物でできた人口腐植土が使われていたり、銀座から発信する“環境を考え、各地域との交流を図る”持続可能な都市緑化の一環として、“東京の屋上を芋づる式にガーデンシティに変えていこう”と、協力を呼びかけています。

でき上がった焼酎は「銀座芋人」と名付けられ、銀座三越や松屋銀座で販売されているそうです!

城南信用金庫では、銀座支店で5月17日(水)に、本店で5月18日(木)にサツマイモの苗植えを行いました。

土日で一気に暑くなっちゃったから萎れてないか心配したけど、週明けも元気でした。

よかった~。

サツマイモと一緒にミニトマトや枝豆なども植えて、屋上緑化をめざしています。

いっぱい収穫できますように!