今年も、城南信用金庫は「2017“よい仕事おこし”フェア」を開催します!! Part2 ~被災地をつないだ新酒「絆結」

こんにちは!信ちゃんです。

今年も、8月22日(火)・23日(水)に開催する「2017“よい仕事おこし”フェア」!

注目の『興こし酒プロジェクト』をご紹介します☆

地震で被災した岩手宮城福島熊本4県で収穫した「ひとめぼれ」をブレンドして掛け米とし、会津坂下町産の酒造好適米「五百万石」をこうじ米に使って、純米大吟醸を造るというプロジェクトです。
地元福島の産品を使用した地域活性化に取組んでいる曙酒造(福島県河沼郡会津坂下町)が、被災地創生の想いをこめた新酒造りを手がけました。

東北・熊本地区の15信用金庫が協力して、たくさんのんで造られたこの新酒は、「絆結」(きゆ)と名付けられ、7月25日(火)福島県の内堀雅雄知事のもとにお届けしました。

「絆結」は「2017“よい仕事おこし”フェア」の会場で先行販売されます。
みなさんもぜひ、お土産にどうぞ!!

 

2017“よい仕事おこし”フェア
https://johnanshinkin.jp/2017-goodjob-fair/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です