女性活躍推進法に基づく 城南信用金庫行動計画

女性が活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する

1.計画期間: 平成28年4月1日~平成33年3月31日

2.当金庫の課題

課題1:管理職に占める女性割合が低い

課題2:採用における男女別競争倍率に大きな差は見られないが、男女の継続勤務年数に差異が見られる

3.目標と取組内容・実施時期

目標1:管理職に占める女性比率を10%以上とする

<取組内容と実施時期>

取組1:女性職員を対象として管理職育成を目的としたキャリア研修を実施する。

  • 平成28年5月~   研修プログラムの検討を行う。
  • 平成28年10月~   女性職員に対する研修ニーズの把握のため、アンケート、ヒアリング等を実施する。
  • 平成29年4月~   アンケート等の結果を踏まえ、研修プログラムを決定する。
  • 平成29年7月~   管理職育成キャリア研修の実施。

取組2:管理職自身の勤務時間管理を徹底する。

  • 平成28年4月~   管理職自身の勤務時間の実態調査を実施する。
  • 平成28年8月~   事務処理の効率化等、管理職が時間外勤務を削減できるための方策を策定する。
  • 平成28年10月~   管理職の時間外勤務を削減する意識改革を促すための研修等を実施する。

取組3:これまで女性職員が少なかった部署等に女性を積極的に配置する。

  • 平成28年5月~   男女の配置で偏りのある部署の洗い出しを行う。
  • 平成28年8月~   女性があまり配属されてこなかった部署に女性を配属する上での課題点を分析の上、改善を行う。
  • 平成29年4月~   「全員渉外」による女性職員の渉外活動を本格始動させる。
  • 平成30年6月~   実際に配属を実施し、定期的なフォローアップを実施する。

目標2:男女の平均勤続年数の差を4年以内にする

<取組内容と実施時期>

取組1:職場と家庭の両立に関する制度の拡充を実行する。

  • 平成28年6月~   職場と家庭の両立に関する職員の意識調査を定期的に実施する。
  • 平成28年8月~   その改善策についての案を策定する。
  • 平成29年4月~   育児休業制度等の職場と家庭の両立を支援する制度を拡充する。

取組2:職場と家庭の両方に男女が貢献できる職場風土づくりを促進する。

  • 平成28年6月~   職場と家庭の両立に関する職員の意識調査を定期的に実施する。
  • 平成29年4月~   子育てしている女性職員を部下に持つ上司を対象とした適切なマネジメント研修を実施する。
  • 平成29年4月~   育児休業取得者に対する職場復帰プログラムを実施する。
  • 平成29年4月~   育児休業明けの女性職員に対するフォローアップをきめ細かく実施する。