トップページ > トピックス > 昭和女子大学と産学連携に関する協定を締結
昭和女子大学と産学連携に関する協定を締結

昭和女子大学と産学連携に関する協定を締結しました

当金庫は、6月19日、昭和女子大学と「産学連携協力に関する協定」を締結しました。

本協定の目的は、当金庫と昭和女子大学が相互に協力して、地域のお客様の豊かな生活の実現を目指すとともに地域社会の発展、繁栄に貢献することにあります。

当金庫は、従来から、中小企業の育成発展および豊かな国民生活の実現のために力を注いできましたが、今回の産学連携協力に基づき、これまで以上に中小企業に対する支援や地域産業界の活性化等を強力にサポートすることにより、地域社会の発展、繁栄に貢献してまいります

<協定に基づく協力事項>
  • 〇商店街の活性化につながるマーケティングや販売促進、商品開発、店舗レイアウト等に関する共同研究、相談等
  • ○アパレル産業や小売店におけるデザイン等の商品開発に関する共同研究等
  • ○飲食店のメニュー開発等の支援、相談等
  • ○快適な生活空間のための建築、インテリア、デザイン等の研究、相談等
公益財団法人国際研修協力機構の栃木理事長と当金庫の吉原理事長
<昭和女子大学の坂東学長と当金庫の吉原理事長>