トップページ > 重要なお知らせ > 偽造キャッシュカード対策
城南信用金庫の「偽造キャッシュカード対策」について

ご存知ですか? 城南信用金庫の「偽造キャッシュカード対策」

① 手のひら静脈認証機能付ICキャッシュカード

本人以外による不正なキャッシュカードの使用をできなくするため、手のひら静脈認証機能付ICキャッシュカードをお取扱いいたしております。

②磁気ストライプカードの支払限度額の引下げ

手のひら静脈認証機能付ICカードの取扱開始に伴い、偽造カードによる被害を最小限に抑えるため、従来の磁気ストライプカードの1日の支払限度額を50万円に引下げました。

③暗証番号の変更は、当金庫のATMで簡単にお手続きできます

キャッシュカードの暗証番号は、定期的に変更することをおすすめします。

こんな暗証番号が危ない!!

『生年月日』『電話番号』『自宅の番地』『車のナンバー』

これらを使った暗証番号は、たとえ組み替えたとしても、簡単に第三者に推測されてしまいます。最近多発しているキャッシュカードの偽造・盗難などによる不正使用被害で、最も多いのがこのケ一スです。

現在、「類推されやすい暗証番号」をお使いの場合には、すみやかに変更されることをおすすめします。

④1日の支払限度額の設定を、当金庫のATMで簡単にお手続きできます

1日の支払限度額を設定することをおすすめします。

※限度額の引上げは、本人確認書類、キャッシュカード、お届け印をご持参のうえ、店頭窓口にてお手続きください。
※お客様がご自分で設定されていない場合、従来の磁気ストライプカード等の手のひら静脈認証機能のないカード1日の支払限度額は50万円、手のひら静脈認証機能付きICカードの1日の支払限度額は200万円となります。

⑤月間支払限度額の設定を、当金庫のATMで簡単にお手続きできます

月間支払限度額を設定することをおすすめします。
※限度額の引上げは、本人確認書類、キャッシュカード、お届け印をご持参のうえ、店頭窓口にてお手続きください。
※お客様がご自分で月間支払限度額を設定されていない場合、従来の磁気ストライプカード等の手のひら静脈認証機能のないカードの場合1カ月の支払限度額は100万円、手のひら静脈認証機能付きICカードの1ヵ月の支払限度額は次のようになります。
例)1日の支払限度額200万円の場合、200万円×ATM稼動日数31日=6,200万円                       ※ATMの稼動日数は31日での計算例です。

キャッシュカード管理上の注意点

お客様自身のキャッシュカードの厳重な管理も、偽造キャッシュカードによる被害対策として重要なポイントとなりますので、以下の点に十分ご注意ください。

  1. 暗証番号は、他人から推測されにくい番号をご使用ください。特に生年月日、電話番号、車のナンバー、自宅の番地等を使った暗証番号は、たとえ組み替えたとしても簡単に第三者に推測されてしまいます。最近多発しているキャッシュカードの不正使用における被害において、最も多いのがこのケースです。
  2. ② 偽造被害防止のためにキャッシュカードは常に肌身離さず、管理には十分ご注意ください。
  3. ③ 車の中には放置せず、常に携帯してください。
  4. ④ 飲食店などで壁や椅子に掛けた上着やカバンからキャッシュカードを抜き取られないよう、ご注意ください。
  5. ⑤ 電車の中や駅のホーム、街中でスリにキャッシュカードを抜き取られないよう、ご注意ください。
  6. ⑥ お通帳やご利用の明細書は頻繁にチェックし、内容をご確認ください。

万一、キャッシュカードの偽造・紛失・盗難・悪用に気付いた場合には、口座開設店まですぐにご連絡ください。

※なお、金融機関休業日および営業時間外は専用の電話受付窓口(03-3700-8999)までご連絡ください。