被災地への役職員の派遣と支援活動の実施

理事長をはじめとする9名の役職員が、被災地見舞いと支援を実施

(平成23年5月15日)

4月15日~17日、理事長をはじめとする9名の役職員が、被災地見舞いと支援のため、バスをチャーターして被災地に入り、ボランティア活動に取組んでいる曹洞宗のお寺や宮城県の石巻信用金庫を慰問して、野菜等の生鮮食料品や掃除用モップ、保温ポット、土のう袋等の支援物資をお届けしました。

支援活動 役職員

4月20日~26日には、「被災地支援ボランティア隊」の第一陣6名が、宮城県石巻市に入り、炊き出しや畳等の物資の配布、さらには現地災害放送FMラジオ局の支援を約束するなど、様々な支援活動を実施しました。

石巻での吹き出し 畳などの物資配布

4月29日には、支店長から新入職員まで総勢23名、5月15日には、総勢20名の「被災地支援1日ボランティア隊」が、バスをチャーターして宮城県石巻市に入り、避難所の中学校の体育館にて炊き出しを行いました。

吹き出し 吹き出し