耳の不自由な方の利便性を図るため、全店に「筆談器」「耳マーク」を設置

耳の不自由な方の利便性を図るため、全店に「筆談器」「耳マーク」を設置しました

(平成23年3月8日)

城南信用金庫では、「人を大切にする」という方針のもと、高齢者や障がいをお持ちの方々に対するサービスの拡充に努めております。その一環として、耳の不自由な方でも安心してご来店、お取引ができるよう、全ての営業店に「筆談器(ホワイトボード)」の設置と、筆談による応対が可能になっていることを示す「耳マーク」の店頭表示を実施しておりましたが、今回、新たに「音声拡聴器」を店頭に設置し、より一層の利便性向上を図っております。
今後につきましても、地域の皆様のお役に立つため、高齢者や障がいをお持ちの方々に対するサービスの拡充に努めてまいります。
耳の不自由な方の利便性を図るため、全店に「筆談器」「耳マーク」を設置1 耳の不自由な方の利便性を図るため、全店に「筆談器」「耳マーク」を設置2
お手伝いが必要な方はご遠慮なくお申し出ください