トップページ > 社会貢献活動 > 社会貢献活動への取組み > 災害発生時の支援 > 「NPOしらうめ」の被災地支援トラックを熊本中央信用金庫に寄贈
「NPOしらうめ」の被災地支援トラックを熊本中央信用金庫に寄贈

益城町の夏祭りなどで利用されています

(平成28年8月20日)

当金庫と連携して東日本大震災の被災地支援を行っている「NPOしらうめ」(宮城県石巻市)では、7月12日(火)、熊本地震の被災地支援活動に役立てていただくため、炊出しなどのボランティア活動に使用していた被災地支援活動用トラック「しらうめ3号」を、熊本中央信用金庫に寄贈いたしました。

「NPOしらうめ」の川村理事長(曹洞宗香積寺住職)とスタッフの方々が石巻市から運転してお届けし、あわせて電動かき氷器、発電機、カップ、スプーン、シロップなど、かき氷1,000食分も寄贈されました。

熊本中央信用金庫では、8月20日(土)に、「しらうめ3号」で益城町熊野宮の夏祭りに参加された際、さっそく役職員とそのご家族の方々でかき氷を販売し、売上金はすべて熊野宮に寄付されたとのことです。

「NPOしらうめ」の被災地支援トラックを熊本中央信用金庫に寄贈 画像1

<左から「NPOしらうめ」川村理事長、熊本中央信用金庫の

沼田理事長、同信金キャラクターのチューちゃん>

「NPOしらうめ」の被災地支援トラックを熊本中央信用金庫に寄贈 画像1 「NPOしらうめ」の被災地支援トラックを熊本中央信用金庫に寄贈 画像2
「NPOしらうめ」の被災地支援トラックを熊本中央信用金庫に寄贈 画像1 「NPOしらうめ」の被災地支援トラックを熊本中央信用金庫に寄贈 画像2
<8月20日に行われた「ふるさと益城 復興夏祭り」にて
「しらうめ3号」のかき氷が販売されました>