トップページ > 社会貢献活動 > 社会貢献活動への取組み > 学生等に対する支援・教育 >昭和女子大学の学生が三軒茶屋の飲食店を紹介する地域情報誌「さんちゃさんぽ」を発刊
昭和女子大学の学生が三軒茶屋の飲食店を紹介する地域情報誌「さんちゃさんぽ」を発刊

昭和女子大学の学生が三軒茶屋の飲食店を紹介する地域情報誌「さんちゃさんぽ」を発刊しました

(平成27年2月5日)

このたび、当金庫と昭和女子大学が締結した連携協定のもと、同大学地域連携センターと提携して、「プロジェクト型協働インターンシップ」の授業が行われました。このインターンシップでは、産学金提携を深め地域経済の活性化につなげるべく、「学生など同じ年代の人が手に取りやすい企業情報誌を」というコンセプトも学生自身が考え、同大学のキャンパスがある三軒茶屋の飲食店を紹介する地域情報誌『さんちゃさんぽ -あなたなら 誰と どこへ行く?-』を作成、今年2月5日(木)に発行されました。

大学近隣の当金庫三宿支店なども取材に協力し、お店の取材は初めてという学生たちをサポートしながらプロジェクトを進行。最初は緊張していた学生も、回数を重ねるにつれ「大学のすぐ近くに素敵なお店が色々あるのに、知らないことばかりで驚きました。魅力的な冊子をつくって、たくさんのお客さんに足を運んでもらいたいです」と、地元企業をより深く知り、伝える面白さを感じるようになった様子でした。

この情報誌『さんちゃさんぽ』は、昭和女子大学のキャンパス内や当金庫本支店だけでなく、世田谷区の公共施設などでも配布される予定です。

ぜひ皆さんも、『さんちゃさんぽ』片手に三軒茶屋の新たな魅力を発見してください!

地域情報誌「さんちゃさんぽ」画像1 地域情報誌「さんちゃさんぽ」画像2
< 取材中・・・ >
地域情報誌「さんちゃさんぽ」画像3
< ついに完成です!「たくさんの人が三軒茶屋の街を散歩してくれますように」  >
地域情報誌『さんちゃさんぽ -あなたなら 誰と どこへ行く?-』
地域情報誌「さんちゃさんぽ」画像4

PDFボタン
e-book